話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)日置田環境保全会

~2018.9.2~

いちき串木野市上名地区での地域資源保全管理構想の話し合い。
日置田環境保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)が、河内公民館で開催しました。

現状の報告

まずは、中尾代表から市と農地パトロールを行なった結果を報告。
まずは、自分たちの協定区域がどのような状況なのかを知ることが大事ですね。

参加者が10名ということで、5名×2グループに分かれて、地域資源保全管理構想の話し合いがスタートしました。
なかなか第1回目が開催されない理由として、「うちの組織は、あげんこと(ワークショップ)をしても意見はでらんど!」と言われていました。
まあ、とりあえず1回やってみて、良かったら続ければ良いし、ダメだったら別な方法を考えましょうということで、なんとか開催することができました。
とりあえず、だまされたつもりでやってみる事が大切ですね!

これまでの話し合いと異なり、平均年齢が高く、平均年齢約80歳という参加者でした。(うまくいく少し不安ですね。。。)

なので、記入・記録や発表を市の職員が行い、スムーズな進行をこころがけました。(次回からは組織の方にお願いしますね)
最初は、意見が出ないかな?と思っていましたが、次から次へとどんどん意見がでてきて盛り上がりました!

5年後の目標(5年後どうなっていたらいいですか?)との問いに、みなさん積極的に意見を出していただき、みなさんで良い目標を決めることができました。
参加された方々の感想は、みんな(農家)は同じことを思って農業をしていることが分かった。この思いは大切にしないといけないと、おっしゃっていました。

なかなか、農家の方々で話をする機会がないので、良きコミュニティーの場になったのではないでしょうか?

最後の達成度の確認でも、みなさん良く手が上がりました。
次回開催時は、楽しかった話し合いが広がり、農業者だけでなく非農家(地域の方々)も参加があるともっとよくなると思います。

高齢だから意見が出ないのではなく、話しやすい雰囲気・場つくりの大切さを学んだ日置田環境保全会の「地域資源保全管理構想」の話し合いでした。

 

<話し合いの設計>
○話し合いの全体目標
・地域資源保全管理構想についてりかいしてもらい、話し合いの必要性を感じてもらう。
・話し合いの手法(ワークショップ形式)について体験してもらい、参加者で5年後の目標を考えてもらう
○会の流れ
・代表挨拶
・農地点検の結果報告について
・チェックイン
・会の目的、お願いごと
・アイスブレイク
・地域資源保全管理構想の説明
・話し合い(ワークショップ)の説明
・ワーク1
・グループ発表
・ワーク2
・5年後の目標について決定
・チェックアウト
(13:30~15:25)

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)荒川下環境保全会

~2018.8.26~

2日連続の荒川地区での地域資源保全管理構想の話し合い。
本日は荒川下環境保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)が、荒川下公民館で開催。

昨年の8月25日に第0回目の話し合いを役員会で行なってから、いろいろありまして第1回目がほぼ1年経ってからの開催となりました。(ほぼ1年ですね。。。ほんとに)
過去の活動日記:話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定について) 荒川下

本日は助っ人として、おとなりの日置市の多面的の担当職員さんもワークショップとは?ということでご協力いただきました。
活動組織のワークショップ形式での話し合いを見てみたい方や興味のあられる方は、ぜひご連絡ください。もれなくお手伝いをしてもらいます(笑)

ちなみに、前日の土曜日に午前・午後・夜と3つの話し合い。(うち2つでワークショップ形式での話し合い)
だいぶ体力的にも低下している中で話し合いがスタートします。

まずは、話し合いの目的やお願いごとを説明して、場の雰囲気を変えるアイスブレイク。。。。

 

笑いがとまりません

大きなお口で最高のリアクションありがとうございます!
みなさんの笑顔で、場が一気に盛り上がりました!

 

場があたたまったところで、担当職員から「地域資源管理保全管理構想」の策定の必要性と話し合いのについて説明。
みなさん、まじめに聞いていていました!
担当職員が作成した資料はわかりやすく、好評です!

地域資源保全管理構想の説明

 

地域資源管理保全管理構想の説明が終わるとワークショップの説明。
ホワイトボードはこんな感じですかね?(まあどうでもいいですね・・・)
付箋紙のはがし方ポイントですかね?

ホワイトボードの張り紙

いよいよ話し合いが始まります。

4つのグループに分かれて、意見をたくさん出してもらいます。

荒川下環境保全会は、自治会全体で保全会を組織しているので女性の参加が、他の組織と異なり目立ちます。

あらためて、地域を見つめなおす良いきっかけにもなったのではないでしょうか?

みなさん、限られた時間で積極的に参加していただきました!

そして、話し合った結果を発表して、みなさんで共有します。
いや~、みなさんの「熱量」がすごすぎて、クーラーの無い公民館で汗びっしょりでした。。。。

日曜日の夜の忙しい時間に、集まっていただきよい話し合いができました。

個人の意見」→「グループの意見」→「組織の意見」と広がっていき、参加者で決めた5年後の目標を、ホワイトボードに書いたときに、どこからともなく拍手が、そして参加全員で拍手。。。。
対話を通して、参加者の意見をまとめていき、まとまった時の達成感は素晴らしいですね。。。。

ファシリテーターとしてのメッセージとして、代表者と市が勝手に決めた「5年後の目標」ではなく、参加者みなさんで決めた目標ですので、みなさんで達成できるように知恵を絞っていきましょう!とお伝えしました。

みんな満足

最後に、今日の話し合いの「満足度」を確認したらみなさん手が上がりました!!!(ぱちぱちぱち)
楽しい話し合いがあって、次の話し合いがありますので、地域資源保全管理構想の策定まで後3回ほど話し合いを開催予定ですので、こりずにまた参加をお願いします。

 

必殺ワークショップ in 大谷口

~2018.7.6~

大谷口の地域資源保全管理構想の話し合い

ボスのブログにも書いてありましたが

会が進行するにつれ、笑いや笑顔がこぼれ

雰囲気が ぐっと良くなったみたい

(ボスもマジどうなるか心配だったでしょうね)

で 盛り上がったところで

必殺のワークショップ

大谷口の良い点↑悪い点↓

みなさんに付箋に書いてもらいました´ω`)ノ

みなさん どんなの書いたんですかねー

もう保全会続けられなーい( ̄ロ ̄lll) by大谷口代表

って口癖のようにいっておられましたが、

意外に良い点たくさんあるじゃないですかー

やっぱり みなさん いろいろ思い入れあるんですね(*^-^)

じゃーん 付箋整理しました

うーん なかなかの出来映え(o^-‘)b

それになんと

5年後の目標「頑張って現状維持 花✿いっぱいの大谷口」

組織みんなの意識がひとつになった感じですね

良かった\(^ω^\)( /^ω^)/良かった

 

追伸

なんだか最近 ボスが

「これ こうしたらいいよね♪」

「あーしたら おもしろいよね♫」

なんて楽しそうに言うので

ついやっちゃってますけど

私のしごと

マジ増えてますからーーーっ

(。・`ω´・。)=3

 

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)荒川第2団地保全会

~2018.8.25~

どうもどうも。
なかなかエンジンのかかりの悪いいちき串木野市の地域資源保全管理構想の話し合いですが、少しづつ進んでおります。

8月25日は、荒川第2団地保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)で話し合いを行いました。
土曜日の午後ということで、何人集まるか心配でしたがいい感じで集まりました。
ちなみに場所は荒川交流センターです。

まずは、市職員から地域資源保全管理構想の説明と、作成しなければならないかの説明。
みなさん、「うんうん」と首を縦に振って聞いていました。
なかなかわかりにくい、「地域資源保全管理構想」ですが、写真を有効に使って必要性を訴える手法は結構好評ですね。。。。

そしていよいよ第1回目の話し合い(ワークショップ)
今回の話し合いの目的は「荒川第2団地保全会の5年後の目標を考えよう」です。
これを最初に聞いた参加者は?????でした。だと思います。

まずは、地域資源を出し合い、今の地域がどうなっているか意見を出し合います。
付箋紙に自分の考えを書いていきます。。。

みんな真剣に取り組みます。

 

毎日過ごしている場所を、改めて見つめ直しますが、最初は意見が出にくかったですが、徐々に盛り上がっていきます。
そして会場の雰囲気は↑↑↑↑
会が始まった時とは大違いの場になりました。

わいわいがやがや話し合い

わいわいがやがや話し合い

みなさん前のめりで積極参加ありがとうございます!
どんどん意見がだされていき、その後グルーピング。

グループ発表

グループの意見を代表者が発表!
グルーピングも発表もみなさんなかなかのものです。

グループ発表をもとに、ワークをもう1つ行い、5年後の目標を参加者全員で考えました。

「代表や役員が決めた目標ではなく、参加者全員で決めた目標」を参加者全員で共有して、無事目的を達成しました。
参加者全員で考えた目標だと、みなさんにも責任がでてきますよね。。。

最後に参加者全員で記念撮影!
みなさんお疲れさまでした。
「地域資源保全管理構想」の完成まで、まだまだ話し合いは続きますので、大変でしょうが今後ともよろしくお願いいたします。

良い話し合いの後は、みんな満足。

 

<今回の設計 約2時間>
・チェックイン
・目的の共有,グランドルールの共有
・アイスブレイク
・地域資源保全管理構想の説明
・ワーク1
・グループ発表
・ワーク2
・ワーク2ののまとめ
・ワーク2のまとめを受けて、5年後の目標を参加者で決める
・チェックアウト

兵庫県で広域化について講演してきました!

〜2018.08.28〜

昨年度に続き、兵庫県神戸市で開催された多面的機能支払交付金に関わる、市町職員研修会で、いちき串木野市広域協定運営委員会の取り組みを講演してきました。

会場には、兵庫県内の市町職員、県職員、農政局職員と全体で約60名の参加。(当初は約100名だったそうですが、豪雨災害対等により参加者が減ったそうです。)
全体の会次第は
1 活動組織の広域化の推進について(兵庫県農地整備課)
2 活動組織の広域化のメリット・デメリットについて(鹿児島県いちき串木野市農政課)
と、活動組織の広域化に特化した内容でした。

まずは、こんな感じでスタート。(すみませんいちき串木野市分からです・・・)
先進地視察でも行っている、一方方向ではなく双方向の研修会。
なので講義形式でありながらも、しっかりとアウトプットの時間を確保、お隣との感想共有の時間。

お隣との感想共有(ペアワーク)のために、座席も移動してもらった方ありがとうございました。
ちなみに、ペアワークは講演中に3回行われました。(知らない市町職員の方と広域化について話すことも他にないでしょうから、良かったのではないでしょうか?

そして講演の内容をリアルタイムでグラフィックレコード!!(通称グラレコ)
これはすごい!!

い~や、すごくわかりやすい。今後いろいろな場で導入する事をオススメします。
わかりにくい講演内容が、ぱっと見で理解できます。
グラフィック・レコード  アラワス:関 美穂子(https://arawasu.net/)

 

講演内容につきましては、
活動組織目線の広域化のメリット・デメリット
市町職員目線の広域化のメリット・デメリット について話をさせていただきました。

講演の最後には、目的達成度の確認。
う~ん。まあまあですかね。
なかなかなイメージのつかみにくい「活動組織の広域化」なので。。。。(反省:改善の余地あり)

講演終了後は、グラレコの撮影会。
スライド資料よりも、わかりやすく好評でした。

ちなみに、赤いシールは「いいね」,青いシールは「もっと聞きたい」で、その場で事務局について聞きたい事がわかり、事務局について補足して説明させていただきました。

 

質疑応答のグラレコ
感想共有の時間を設けたことで、多くの質問が出されました(^^)/

 

講演終了後は、兵庫県・兵庫県多面的機能発揮推進協議会と意見交換会。広域化について、意見を交換しました。
意見交換の中で、いちき串木野市広域協定運営委員会の手法は、「パソコンを使用しなくて活動ができる」と評価をいただきました。
あまり今まで深く考えていませんでしたが、確かに普段の活動ではパソコンを使わなくてもできるな・・・・理想のシステムだと思いました。

 

スライド等はこちらのページに掲載してあります。

いや~ほんと暑いですよι(´Д`υ)

~2018.7.29~

こうして見ると田んぼが青々して

涼しげに見えますね~

ここは羽島下山の田んぼです

が しかーし

世の中マジ暑いんですよ(;´Д`)

なのに草は元気に成長中

みなさん少しでも涼しい朝から草払い

おじさん座りましょ 疲れちゃいますよ

大丈夫 草がなくなって

とってもきれいになりましたから

ほらっ

しばらく草には じっとしてもらいたいですねヽ(・´ェ`・)ノ

 

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)大谷口団地保全会

~2018.7.6~

どうもボスです。
羽島地区で大雨の降る前日に、野中栫公民館で大谷口団地保全愛(いちき串木野市広域協定運営委員会)の地域資源管理構想の話し合い活動が開催されました。

 

第1回地域資源管理構想の話し合い

初めての地域資源管理構想の話し合い。最初はどうなるかとドキドキです。。。
まずは、地域資源管理構想について、簡単に説明。その後、ワークショップ形式の話し合いを行いました。

この話し合いの場の目的と、参加者へのお願い。。。。
当たり前ですが、団地ごとに合わせて「問い」を変えていますよ~。

目的・お願い

目的・お願い

 

みなさん楽しんで参加しました!

ワークショップ形式の話し合いは、場の雰囲気がなにより大切。
良い感じで笑顔で参加していました!(最初はみなさん真面目な顔でしたが。。。。)
この笑顔がでてくると、話し合いの質が上がりますね~。

笑顔でワークショップに参加

笑顔でワークショップに参加

 

自分たちの農地のことについて、意見を出し合いました。
口も動かしながら、手もしっかりと動いています。
ワークショップ形式の話し合いにも慣れてきました!

真剣に楽しく取り組みます

真剣に楽しく取り組みます

 

各グループで話し合ったことを、発表して他のグループにも共有!
驚いたことに、参加した方々の想いが同じベクトルを向いていました。

話し合ったことをみんなで共有

話し合ったことをみんなで共有

 

A4の紙1枚にまとめて、次回の案内で配布します。

残念ながら、今回参加できなかった方々向けに、次回の会の案内とともに議事録&写真を配布します。
写真も楽しさが伝わるよう、シャッフルプリント(じろう作)にして、どうしたら次回一人でも多くの関係者が参加できるかを考え、いろいろと試していきたいと思います!

にこにこ大谷口

にこにこ大谷口

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)寺堀環境保全会

~2018.7.2~

どうもボスです。
台風7号が接近中にも関わらず、生福交流センターで寺堀環境保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)の地域資源管理構想の話し合い活動が開催されました。
(多分中止だと思っていたのは、私だけではないと思います。。。)

台風接近の中始まりました!

まずは、代表挨拶。代表は、広域協定運営委員会の会長でもあります。
会議スタイルのいつもの、ロの字テーブル配置。

会長あいさつ、地域資源管理構想の概要説明まではこのスタイルでした。

代表挨拶

思いのほか、集まりがよろしくないような気がします。。。。

 

場・雰囲気を一気に変えて、ワークショップへ

話し合いはロの字型テーブルでは進まないので、ワークショップにて話し合いを進めます。
ただし、代表を除いて、ワークショップの言葉も聞いた事が無いとのことでしたので、みなさん少し戸惑っています。

瞑想にて気持ちを落ち着かせます

最初は、なかなか慣れないので、瞑想にて気持ちを落ち着かせます。
決して、眠っているわけではありません。。。。。。。。。

ワーク始まりました!

いよいよワークの始まりです。
今回の「問い」は。。。。。秘密です(笑)

他の組織でも同じ「問い」を使う可能性がありますので。。。。

 

2つのグループで、出された意見をグルーピングして発表!
初めてとは思えない、素晴らしい発表です!

出された意見を発表

5年後を描いてみる。そして・・・

出された意見の感想を共有し、その意見をもとに5年後にどうなっていたいか?について、グループで話し合い。
なんと、2つのグループの意見がほとんど同じ!ーーーーーということで、5年後のみんなんの目標も自然と決まりました!
今回は、ここまで。

次回から、課題抽出作業など段階を踏んでいく予定です。

ただ、今回参加者が少し少なかったので、議事録も読みやすいスタイルにまとめて、参加できなかった方々にも話し合いの経過も含めて知ってもらい、次回参加してもらいたいと思います。

イラスト議事録

地域資源管理構想の策定の道のりは始まったばかりです。。。

 

大きいの釣れたね(⦿_⦿)

~2018.6.20~

 

局地的な大雨で こちらの地域も

農地に土砂が入りこんでますね(@_@;)

 

 

水路の中も ごちゃごちゃ

ううん なんか水路にありますね

 

おじさん 大きいの釣れたね!!!

こんなの流れてきたんだね

水の威力は恐ろしいや∑(゚◇゚///)


 

 

集中豪雨???

~2018.6.24~

あれ おじさん三人で 手植えですかー

今どき めずらしいですね(⦿_⦿)

このあたりは局地的な大雨で

水路や農地に 被害が続出???

 

↓木が倒れてますね

ちなみに下の水面田んぼなんです

田植え終えたばかりなのに(´・ω・`)

これは 大変です

 

こっちでは 土砂が田んぼに流れ込み

土砂除去作業してます

せっかく植えた苗もこれでは台無し(´・ω・`)

でも みんなで協力して頑張ってます

最後に 苗を植えなおして作業終了!!!

おつかれさまでしたヾ(。>v<。)ノ゙

 

 

ありがとうございます!!!一ツ瀬川筋土地改良区のみなさん

~2018.6.26~

 

今日の研修よかったですね~ボス(^_^ ) 一ッ瀬川筋土地改良区のみなさん 喜んでましたね

↓今日の研修の満足度 手の角度で表してもらいました( ^∀^)ノ

みなさん手が真っ直ぐ上がってますね

まあまあ中には真っ直ぐ上げたくても上がらない方も いらっしゃったかも・・・(´艸`)

 

午後からの研修でしたが 興味津々に聞いておられました

 

否定的な言葉は使わず発言は柔らかく、リアクション3割増しのルール

研修の中身はさておき

皆がわきあいあいで 意見がいいやすい とか

今まで生きてきた中で一番いい研修だった とか

いい感想ばかりいただきました

(感想も3割増しかしら?)

今後話し合いなどに 取り入れていただき

課題に前向きに取り組んでいただけたら こちらもうれしいです(*^▽^*)

 

御菓子(水野屋)までいただき ありがとうございます

おいしくいただきました(*´∇`*)

ちびっこ田植え体験

~2018.6.9~

小学生と田植え体験してきました!

羽島の萩元前団地保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)が、羽島小学校の3年生から6年生の児童に田植えの体験を行いました。

3年生は、初めて田植え体験という事で、田んぼに入るなり「ゔぁー」と声をあげる子どもたちもいました。
なんたって、泥の中ですからね。。。。

初めての田んぼ

「足が抜けない」、「歩けない」などなど期待通りの声が上がります。

先生、児童、保護者が一列になり、ひもにマークされた位置に、植えていきます。
「おいしいお餅が食べれますように」と願いながら、真剣に植えていきます。

児童の田植え

最初は、なかなかペースが上がりませんでしたが、徐々に慣れてきてスピードが上がってきます!
当初の予定は、90分でしたが、予定より30分も早く植え終わりました。

児童の田植え

昔ながらの手での田植えを終えた子供たちは、充実した表情?でした。
ただし、子供達は当然ながら泥だらけ・・・・・・・。
一生懸命頑張った証拠ですね(^^)/

泥だらけ

 

最後は、萩元前団地保全会の方々と記念撮影!
「最高の笑顔」ではい!チーズ!
3年生は初めての体験。6年生は小学校生活最後の思い出に残る田植え体験ができたのではないでしょうか?

田植え後の記念撮影

この中のから、将来の担い手が出てくることを楽しみにしています。

 

ふるさと水土里の探検隊について

~2018.06.08~

説明資料を作成しました。

どうも、またまたボスです。

ふるさと水土里の探検隊in川南地区の内容について、なんと!いちき串木野市まちづくり連絡協議会(市内16地区のまちづくり協議会の会長の集まり)から内容を教えてほしいとの依頼があり、資料を作成しました。
地域資源管理構想にうまくつなげられるように、市・事務局も頑張っていきたいと思います。(クリックすると拡大します)

最後の、「イベント開催は目的ではなく、手段である」の言葉を大切に準備を進めたいと思います。

○○レンジャー参上!!!

~2018.4.18~

 

○○レンジャーただいま参上!!!

的な決めポーズで はーいチーズ カシャッ

あれーーーもしや

奥におられる お方は 水戸黄門さまでは???

<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

すごくないですか↑ 職人的な技感じる~

荒川第2で ユンボ使ってみんなで土砂上げです

たいへんな作業ですけど

見てください↓

きれいになりました*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

清清しいさ さえ感じます

最終年度 第1回運営委員会

~2018.5.18~

 

焼酎のお湯割りを作りつづけて 早うん十年・・・

皆に「うまい」と言わせるほどの 絶妙なバランスで

今日も 焼酎のお湯割りを作っている・・・

 

・・・・・・・

 

串木野庁舎2階会議室で

平成30年度 第1回広域協定運営委員会が開催されました↓

ちょっと聞いてくださーーーい

なんと初???の運営委員(代理含む)全員そろいましたー””ハ(^▽^*) パチパチ♪

そしてなんとなんと!!! 新たに おごっ「段の華」つくい手の会が

新規登録し 広域協定へ仲間入り

これで 29組織 農地は広くありませんが数だけは負けましぇーん

そう今年度は 最終年度 新年度に向けて

いろいろ決めていかないと みなさん忙しいですよー

まあ その前に懇親会開いて

焼酎飲んで勢を出しましょうー٩( ‘ω’ )و イェーイ

そして彼は 皆のために 作り続ける・・・

 

 

 

ジャンボタニシ捕獲大作戦を開催します!

ジャンボタニシ捕獲大作戦を開催します。

農家の方々が困っている、ジャンボタニシを捕獲して、喜んでもらうジャンボタニシ捕獲大作戦を開催します。
沢山のハンターの参加をお待ちしています!

開催日時間:平成30年6月2日(土) 10:00~
開催場所 :いちき串木野市川上舟川後
      (地図はこちら
参加料  :無料
参加対象者:小学生
募集人員 :50名(先着順)
申込締切 :5月25日(金)
申込先  :舟川後棚田保全会 0996-33-5636

昨年の捕獲大作戦の様子→こちら

第1回 役員会

~2018.5.9~

 

平成30年度 第1回目の役員会はじまりました

なんと今年度は最終年度 いろいろ話し合うことありそーですね

高齢化が進み実際のとこ

草払いも大変とか・・・農業する人も少なくなってるとか・・・

現実的に新たに5年やっていけないとこあるかも・・・(´^`;)

みなさん よーーーーーく 考えましょうね

ううんっ なんかボス笑ってません???

(`Δ´)(`Δ´)(`Δ´)(`Δ´)(`Δ´)

話し合い始まってますよー

兵庫県で講演してきました~!

どうも、久しぶり投稿のボスです。

3月19日(月)~20日(火)まで、なんとなんと兵庫県まで行って、多面的交付金事業の広域化の講演をしてきました!!!!
※いきなり九州を通り越してしましました (((;ꏿöꏿ;)))

場所は、19日(月)が兵庫県豊岡市。
20日(火)が兵庫県たつの市。。。
兵庫県→都会→楽しそう!と場所も調べずに講演引き受けまして、車での移動が多いことに後から気がつきました。。。。

たつの会場

会場はどちらもホールで行なわれ、2会場ともも、約300人の満員御礼状態!
主催者によると、断った活動組織もあったとのことでした。。。。。。。


参加者は、挙手にてアンケートをとると、行政数名、改良区数名、活動組織ほとんど。。。という参加構成。(できれば、行政の方々にもっと参加して欲しかった。。。。。)
スライド自体が、行政の方々向けの内容もあったので少し残念でした。。。

多面的機能支払交付金事業の広域化は、国・県・自治体・土改連を上げて取り組んでいる大きなテーマであることから、私たちいちき串木野市広域協定運営委員会に講師として声がかかりました。

講演の内容については、主催者と電話・メールで調整を行い、「何を伝えて欲しいのか?」を明確にすることで、内容を調整しました。
講演の目的としては、「活動組織の広域化のメリットを伝えて欲しい」で、兵庫県にある約2000の活動組織の広域化を徐々に進めたいとのことでした。
約2000も活動組織があると、実績報告はもとより、提出書類や、調査なども大変だと思います。。。

今回の講演は、書記・会計さんへのメッセージが強い内容でしたので、多くの書記・会計さんが講演の途中で、首を縦にふってうなずいていたことが印象的でした。
多面的機能支払交付金事業の課題の洗い出し→課題について参加者に隣の人と一緒に考えてもらう→解決策の広域化について説明をする。そして、ところどころに、参加者の意思を確認する為に、挙手にて講演に参加してもらうスタイルで進めました。


講演の途中での、いちき串木野市広域協定運営委員会でのワークショップのスライドの際に、参加者にワークショップ(話し合い活動)を行なったことがありますか?と質問をしたら、誰一人手が挙がらず想定外のことに思考が止まってしまうという事態に。。。。

来年度、地域資源構想の策定の際は、ワークショップ等を通して課題の洗い出し、解決策を見つけることが必要だと考えていますので、主催者にもその旨をご連絡させていただきました。

やはり、行政を含めて多面的機能支払交付金事業の関係者にファシリテーターがいるのと、いないのでは話し合いの質が変わってくるので、勉強会等の開催も必要かと思います。。。。。

講演最後には、達成度を挙手により確認したところ、少しは理解ができたということで、遠路鹿児島から講演に来たかいがあったと思います。

ご希望があれば、講演依頼賜りますのでご連絡ください。

 

講演の動画、スライドは下記に貼っておきますので、組織等への説明資料の参考にご使用ください。
また、動画については、活動組織にはどんどん見ていただきたいですが、この動画を使用しての自治体・土改連等での研修会などでの使用は、ご連絡ください。(兵庫県土改連は除く)

 


 

講演会の動画はこちら

講演会のスライドはこちらから

第3回 運営委員会

~2018.2.7~

 

真剣に資料を読んでますね~

なにかあるんですか~ 教えてくださいよヽ( ゚д゚)ノ

シーーーーーーーン

 

2月7日(水) 平成29年度 3回広域協定運営委員会が串木野庁舎2階会議室で開催されました。

今回の議事は 今年度の執行状況、平成30年度予算、年間計画、長寿命化についてなど

長寿命化については 今年度までに各組織一定金額の配分が終わり、

来年度から地区単位で配分してはどうかを提案してみました

まあ これは各地区役員さんも交えて話し合ってもらうしかないですね

・・・・・

では ここからは ワークショップ形式で

多面的機能支払交付金の活動の

勉 強 会 でーすヾ(*´∀`*)ノ

なぜ このテーマにしたかというと

組織のみなさん この多面的の活動内容をほんとうに理解しているか

?????な感じだったので

農地維持、資源向上(共同)の資料を配り、

5分間みなさんに熟読してもらいました

まさに真剣に読んでるのはその資料

はーい 5分終了!!

多面的の活動内容理解していた方は

う~ん 微妙な感じ・・・?

もちろん会長は ノープロブレムですよね

再認識された方も そーでない方も

これからの活動の幅が広がることでしょう

来年度は 最終年度

地域資源管理構想に向けてがんばりましょー

 

役員会 with P(ポンカン)

 

~2017.1.25~

今年度 最後の役員会♫ ♬♫

今回も会長よりポンカンいただきました(ノ*’ω’*)ノ

 

会長あいさつー 多面的機能支払も来年度で5年目を迎え

検討していかなければならない課題もあり・・・

 

うんん?

ボ━゚(∀)゚━ス  

もう食べてるんですか? まだ役員会始まったばっかですよ!! o(*≧д≦)o

 

ごちそうさま(* ̄~ ̄*)

早かったですね~

 

えーッっ(´Д`υ) では本題へ~

今回の議事としましては

執行状況 長寿命化 地域資源保全管理構想

広域協定運営委員会の名称などなど

 

確かに

いちき串木野市広域協定運営委員会

長いし 言いにくいし 何してるのか

この名称じゃ ピンとこない

組織の方から 別なネーミング考えてみては・・・

とのご意見をいただいていました

さてさて どうしましょうかね

委員会のメンバーで決めてもらう?

もっと広く募集してみる?

いろんな人たちに参加してもらって

興味もってもらったほうがいいですね

まずは次の運営委員会で委員さんたちにも

聞いてみないといけませんね

もし 募集みかけたら

みなさん 応募してくださいね(^ー゚)ノ