活動日記


広域協定内の組織の活動をお知らせしています。

ブログ一覧

気になりますね~

~2018.10.19~

 

いや~気になりますね この紙袋の な・か・み

もしやこれ いつものあれですかね♪(о ̄∇ ̄)/

今日は 喜界町の方々が遠路はるばる

お越しくださいました

広域化をされるそうで・・・もう されてる?

いちき串木野市広域協定のスタイルを

ボスがご説明(⌒-⌒)

へ~、ほ~、そうなんですか~

とても感心されていたそうですが イヤー(・・*)ゞ ソレホドデモ・・・

このあと、会長のみかん農園へGO(((((((((((っ・ω・)っ

そしてお昼 海鮮まぐろ家へ

担当が ご馳走になったそうですね

ありがとうございました

とっても満足そうに帰ってきましたよ(私も行きたっかたですぅ~不在で残念(–,))

お土産もいただき有難うございました

黒糖ラスクおいしかったですよ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

また食べていですね

 

 

さて問題です!!!

~2018.10.10~

 

さて問題です!!!(≧∇≦)b

このなかに いちき串木野市PRレディがいます

現役PRレディ、元PRレディ、自称PRレディ

自称??? 自称ってありですかーっボス えっっ本人たっての希望(-_-;)

 

・・・・・

 

きれいですね 大河内棚田

今年もこちらの田んぼをお借りし

「おごっ段」の方々にご協力いただき

おごじょ塾でお米をつくりました

所々ぬかるんでいて 作業しにくい場所もあったのですが

無事作業も終わりました

あれー あそこに誰かいますけど

えっっ おごじょ塾に田んぼを貸してくれた方?

一人で大丈夫ですかーっ

みんなで手伝いにいきましょかー٩( ‘ω’ )و

 

なにやら (;¬д¬)小包届きましたけど・・・

~2018.9.27~

 

なにやら私の机に 小包が(;¬д¬)

しかも めっちゃ頑丈に包装されている・・・

いったい 何ナノ???( ̄口 ̄∥)コレハ

 

 

依頼主は・・・栃木県益子町のKさん

おおーっっ これは!!!

お盆に来られたKさんからではありませんかーっ

・・・・・

そう あれは 八月十四日

突然 電話をかけてこられたKさん

お盆でご主人の実家に帰省 いちき串木野市が近いと知り

「広域のことについて明日にでも お話伺いたいんですけど・・・」

Kさん益子町農地水多面的機能保全推進協議会の事務をされてるそう

つーか協議会名 長くない??? うち負けちゃいましたねヽ(×_×)ノ

 

明日はこちらが都合がつかなかったので 早速きていただきました

事務をされて5年、しかも今年組織を広域化

なんてアクティブなお方なんでしょう(写真を撮っておかなかったのが残念(lll-ω-))

広域化したとはいえ いろいろ課題がおありのようで・・・

小さい面積のいちき串木野市の広域化が参考になったかどうか

・・・・・

↓先日のお礼にとKさんが送ってくださったもの

「益子名物 ぽんたまんじゅう」

とてもおいしく いただきました(≧ヮ≦●) 有難うございます

 

 

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)日置田環境保全会

~2018.9.2~

いちき串木野市上名地区での地域資源保全管理構想の話し合い。
日置田環境保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)が、河内公民館で開催しました。

現状の報告

まずは、中尾代表から市と農地パトロールを行なった結果を報告。
まずは、自分たちの協定区域がどのような状況なのかを知ることが大事ですね。

参加者が10名ということで、5名×2グループに分かれて、地域資源保全管理構想の話し合いがスタートしました。
なかなか第1回目が開催されない理由として、「うちの組織は、あげんこと(ワークショップ)をしても意見はでらんど!」と言われていました。
まあ、とりあえず1回やってみて、良かったら続ければ良いし、ダメだったら別な方法を考えましょうということで、なんとか開催することができました。
とりあえず、だまされたつもりでやってみる事が大切ですね!

これまでの話し合いと異なり、平均年齢が高く、平均年齢約80歳という参加者でした。(うまくいく少し不安ですね。。。)

なので、記入・記録や発表を市の職員が行い、スムーズな進行をこころがけました。(次回からは組織の方にお願いしますね)
最初は、意見が出ないかな?と思っていましたが、次から次へとどんどん意見がでてきて盛り上がりました!

5年後の目標(5年後どうなっていたらいいですか?)との問いに、みなさん積極的に意見を出していただき、みなさんで良い目標を決めることができました。
参加された方々の感想は、みんな(農家)は同じことを思って農業をしていることが分かった。この思いは大切にしないといけないと、おっしゃっていました。

なかなか、農家の方々で話をする機会がないので、良きコミュニティーの場になったのではないでしょうか?

最後の達成度の確認でも、みなさん良く手が上がりました。
次回開催時は、楽しかった話し合いが広がり、農業者だけでなく非農家(地域の方々)も参加があるともっとよくなると思います。

高齢だから意見が出ないのではなく、話しやすい雰囲気・場つくりの大切さを学んだ日置田環境保全会の「地域資源保全管理構想」の話し合いでした。

 

<話し合いの設計>
○話し合いの全体目標
・地域資源保全管理構想についてりかいしてもらい、話し合いの必要性を感じてもらう。
・話し合いの手法(ワークショップ形式)について体験してもらい、参加者で5年後の目標を考えてもらう
○会の流れ
・代表挨拶
・農地点検の結果報告について
・チェックイン
・会の目的、お願いごと
・アイスブレイク
・地域資源保全管理構想の説明
・話し合い(ワークショップ)の説明
・ワーク1
・グループ発表
・ワーク2
・5年後の目標について決定
・チェックアウト
(13:30~15:25)

話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定)荒川下環境保全会

~2018.8.26~

2日連続の荒川地区での地域資源保全管理構想の話し合い。
本日は荒川下環境保全会(いちき串木野市広域協定運営委員会)が、荒川下公民館で開催。

昨年の8月25日に第0回目の話し合いを役員会で行なってから、いろいろありまして第1回目がほぼ1年経ってからの開催となりました。(ほぼ1年ですね。。。ほんとに)
過去の活動日記:話し合い活動(地域資源保全管理構想の策定について) 荒川下

本日は助っ人として、おとなりの日置市の多面的の担当職員さんもワークショップとは?ということでご協力いただきました。
活動組織のワークショップ形式での話し合いを見てみたい方や興味のあられる方は、ぜひご連絡ください。もれなくお手伝いをしてもらいます(笑)

ちなみに、前日の土曜日に午前・午後・夜と3つの話し合い。(うち2つでワークショップ形式での話し合い)
だいぶ体力的にも低下している中で話し合いがスタートします。

まずは、話し合いの目的やお願いごとを説明して、場の雰囲気を変えるアイスブレイク。。。。

 

笑いがとまりません

大きなお口で最高のリアクションありがとうございます!
みなさんの笑顔で、場が一気に盛り上がりました!

 

場があたたまったところで、担当職員から「地域資源管理保全管理構想」の策定の必要性と話し合いのについて説明。
みなさん、まじめに聞いていていました!
担当職員が作成した資料はわかりやすく、好評です!

地域資源保全管理構想の説明

 

地域資源管理保全管理構想の説明が終わるとワークショップの説明。
ホワイトボードはこんな感じですかね?(まあどうでもいいですね・・・)
付箋紙のはがし方ポイントですかね?

ホワイトボードの張り紙

いよいよ話し合いが始まります。

4つのグループに分かれて、意見をたくさん出してもらいます。

荒川下環境保全会は、自治会全体で保全会を組織しているので女性の参加が、他の組織と異なり目立ちます。

あらためて、地域を見つめなおす良いきっかけにもなったのではないでしょうか?

みなさん、限られた時間で積極的に参加していただきました!

そして、話し合った結果を発表して、みなさんで共有します。
いや~、みなさんの「熱量」がすごすぎて、クーラーの無い公民館で汗びっしょりでした。。。。

日曜日の夜の忙しい時間に、集まっていただきよい話し合いができました。

個人の意見」→「グループの意見」→「組織の意見」と広がっていき、参加者で決めた5年後の目標を、ホワイトボードに書いたときに、どこからともなく拍手が、そして参加全員で拍手。。。。
対話を通して、参加者の意見をまとめていき、まとまった時の達成感は素晴らしいですね。。。。

ファシリテーターとしてのメッセージとして、代表者と市が勝手に決めた「5年後の目標」ではなく、参加者みなさんで決めた目標ですので、みなさんで達成できるように知恵を絞っていきましょう!とお伝えしました。

みんな満足

最後に、今日の話し合いの「満足度」を確認したらみなさん手が上がりました!!!(ぱちぱちぱち)
楽しい話し合いがあって、次の話し合いがありますので、地域資源保全管理構想の策定まで後3回ほど話し合いを開催予定ですので、こりずにまた参加をお願いします。